非常事態でも冷静な行動を!大規模災害に備えよう

地震が発生した際に死亡してしまった被災者の死因の内多いのは、火災と家具の下敷きになる圧迫死です。いい加減に設置した家財道具が倒れてしまい大けがをしたり亡くなってしまう二次被害を少しでも減らすには、はたしてどの様にすれば効果的なのでしょう。被災した後の気象に関しては、未知数です。雨の所為で全身が水浸しになって、衰弱してしまうと心配でしょう。外気の気温急な変化の為に持久力が奪われてしまう場合だってあり得ます。防水シートを備えておいたり寒さから身を守れる素材で作られた衣類等を選び、備蓄しておくことお勧めします。コンパクトラジオは情報収集の大事なアイテムの一つですから是非買っておきましょう。ほかにも現代社会においてはガラケーやスマホは不可欠ではありますが、電池が尽きれば使い所がありませんので、スマホにプラスして電池が長持ちする従来型の携帯のダブル利用なども視野に入れるのもいいでしょう。脇汗 臭い