自臭症に注意

汗ばむ季節を迎え、外出が億劫に感じます。外国人に比べるとまだましですが、食事の変化により日本人の体臭もきつくなってきました。また、今日も汗の匂いが充満する電車に乗るのかと思いとゾッとします。そして、体臭を嫌う風潮が広がっていることにもうんざりします。汗の匂いで悩んでいる人の中に、実際に臭い人はどれくらいいるのでしょうか。夏に急増するのが自臭症です。対人恐怖症の一種で、自分が臭いと思い込んでいる人のことを言います。マスクをしている人がいるのは自分が臭いからだと思い込み、それだけで外出できなくなってしまうのです。マスクを使う理由は様々で、スッピンを見られたくない、風邪をひいているから、花粉症が挙げられます。そんなに思い込む必要はないのです。また、人の脳には体臭でコミュニケーションをとるという機能が備わっています。ある大学の研究では、「幸せな人の汗の匂いを嗅ぐとそれだけで笑顔になれる」というデータが報告されています。このように、体臭には感情を伝えるという力があります。顔汗がひどくて・・これって病気?